東京の弁護士を紹介

浴衣と防寒の関係について

浴衣は、基本的には湯あがりや就寝時、または夏の間の普段着として用いられるものなので、防寒について論じられることはほとんどありません。
しかし普段着で浴衣を着ている人の中には、違う浴衣をもう1枚重ね着してみたり、薄い羽織を着たりすることもあるようです。

また、寝間着として浴衣を常用している場合は、肌寒い季節の起床時などで、防寒対策で何かしら上に一枚羽織る必要もあるでしょう。そういった場合によく用いられるものとしては、ちゃんちゃんこや半纏などがあげられます。また下半身の防寒を考える場合は、股引や厚手の足袋などが良いでしょう。
タグ:東京
posted by ローアー at 17:20 | 東京