近畿地方の弁護士を紹介

過払い請求を行うつもりの会社は倒産したケース

不況の状態から脱却するのに時間がかかっている様ですが、会社の経営を行っている人はその影響を大きく受ける事もあるみたいです。経営が落ち込んでしまう事も考えられますし、最悪のケースには会社が倒産してしまうという事もあります。そして、それは金融機関に関しても同じ事が言えるでしょう。その場合に過払い請求をこれから行う予定であった人はどうなるのでしょうか。その場合には全額返してもらうという事はまず考えにくいでしょう。最近では過払い請求の手続きを行う人が多くなり、経営が苦しくなっている金融機関も増えていると言う話を聞いた事があります。その事をふまえ手続きを行うなら早めに済ませたいですね。
タグ:近畿
posted by ローアー at 17:17 | 近畿

みお綜合法律事務所

大阪の弁護士をご紹介いたします。

大阪府大阪市北区曽根崎1丁目1-2 大阪三信ビル5F
葛原 忠知弁護士
澤田 有紀弁護士
橘高 和芳弁護士
伊藤 勝彦弁護士
吉山 晋市弁護士
深田 愛子弁護士
大西 弘恵弁護士
長谷 喜仁客員弁護士


債務整理と過払い請求について


まず、債務整理というのは、多重債務者を救済するための、方法や手段のことを総称していいます。
その過程で、実は今までに利息を多く支払い過ぎていた場合、過払い金というのが発生していることがあります。
貸金業法の改正により、それまでグレーゾーン金利と言われていた部分を請求することできるようになりました。
それが過払い請求のことです。
債務整理をお願いしていたら、実は過払い金が発生していて、過払い請求をすることになった。なんていうのはよくある話なのです。
しかしながら、過払い請求には10年という時効がありますので、心当たりがある方はすぐに過払い金請求を検討してみてください。

posted by ローアー at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿